お電話でのお問い合わせはコチラ 0986-22-9700

レシピ

鹿児島「黒酒」のハニートースト風

2018年11月17日

 

<材料>

・黒酒(100cc)                ・食パン(今回は6枚切の3枚を使用)

・お好きな果物(今回はブルーベリー)      ・バニラアイス(1人前or好きなだけ)

・レモン汁(小さじ2程)            ・ミントやセルフィーユなどの飾り

<作り方>

①食パンをトーストし、中を抜く。

②画像では、①でトーストを抜いてしまってますが、焼いている間に、「黒酒」で蜜をつくります。小鍋に「黒酒」を分量入れ、   2分の1量まで詰煮し、火を止めます。                                             

※軽くとろみが付くまでで良いと思います。冷めてくると、よりトロみます‼   ( ̄▽ ̄)日本語が変です…。

渾身のチカラを込めてレモンを、小さじ2杯分搾り、黒酒蜜に入れ、蜜は完成です。

※チカラを入れなくても、「〇ッカレモン」的なモノでも大丈夫です。

③あとは、お皿にトーストを盛り、お好みの果物・アイスをトッピングし、蜜をかければ完成‼‼‼‼




はちみつや、メープルシロップとは、また違った風味の甘さです。

今回は、鹿児島の灰持酒「黒酒」を使用しましたが、他にも「高砂の峰」や「地酒」。熊本の「東肥赤酒」などでも、可能です。

料理酒とみりんの特性を併せ持ち、製造工程において、火入れをしていないので、酵素が活きております。

また、酵素のチカラで、肉を柔らかくし、魚肉などは臭みが抜け、旨味が増す効果があります。

薩摩料理では、さつま揚げを作る時や、トンコツを炊く時に用いられ、「万能調味料」として、くくられていますが、   

そもそもお酒なので、カクテルやハイボールなどにも使われている様です。

まだ使った事のない方は、是非お試しを‼

 

修業時代 「おやっさん」が、板場からよく「本みりん」と一緒に消えていた事を思い出した…。  (^^;)なつかし~