お電話でのお問い合わせはコチラ 0986-22-9700

レシピ

旬野菜のサッと蒸し カルボナーラソース

2018年04月12日

旬野菜のサッと蒸し カルボナーラソース

<材料>

・アスパラガス       ・昆布だし

・人参           ・オリーブオイル

・ブロッコリー       ・卵黄       1個分

・パプリカ         ・豆乳       100㎖

・スナップエンドウ     ・生クリーム    100㎖

・ベーコン         ・グラナパダーノ  20g

※野菜はお好きなものでOK‼  ・塩             少々

              ・ブラックペッパー 少々

 

<作り方>

①昆布だしを作っておきます。

 野菜を蒸し上げる際の、差し水に使用しますが、野菜の甘み・旨味が違います。

②各野菜を、程良い大きさでカットし、熱の通りにくいものは、レンジしておきます。

 今回の材料では、人参の乱切りしたもののみ700Wで、2分加熱しました。

 歯ごたえもあり、丁度よいと思います。

 柔らかめ好きの方は、も少し長めに加熱されると良いと思います。

③次に、ソースの準備です。

 鍋に、豆乳とグラナパダーノを入れ、スタンバイしておきます。

 カップに、生クリームを計り、卵黄を入れよく混ぜ合わしておきます。

④では、野菜を蒸していきます。

 フライパンにオイルを引き、ベーコンを焼いていきます。

 オイルに、ベーコンの香りが付きましたら、野菜を入れ、野菜全体にオイルが回る様、軽くあおります。

⑤全体にオイルが回りましたら、昆布だしを50㏄程いれ、フタをして、弱火で2分、火を止め予熱で2分蒸します。

⑥その間に、ソースを仕上げていきます。

 鍋に入れた豆乳に熱を入れ、グラナパダーノを溶かしていきます。

 溶けたら一度火を止め、カップに準備していた、生クリームと、卵黄を入れ、

 とろみが付くまで、再び加熱を行います。

 この時に、塩・ブラックペッパーで味を整えます。

⑦器にアツアツを盛り付けて、ソースをかけて完成です。

 野菜のシャキシャキ感と、甘みうま味をお楽しみ下さい‼

※カルボナーラソースは、若干濃いめの味付けにすると、

 野菜の甘みとの対比効果で、野菜がより一層甘く感じますよ‼

<活用法>

 ・冷凍野菜との組み合わせで、原価コントロールが容易。

 ・食材の準備等が可能なので、5分提供も可能。(前菜)

 ・(塩味:甘味)の対比効果で野菜の甘みを活かしているので、

  ドレッシングでもOK。

  市販のパスタソース(カルボナーラ・ミートソース・ボロネーゼ)なども

  面白いと思います。

 ・ソースは、チーズの種類(パルメザンや、ペコリーノなど)を変える事で

  変化がある。

  ワインとの相性もバッチリ‼

 ※お買い求めは、ぜひハピネスで‼(笑)