お電話でのお問い合わせはコチラ 0986-22-9700

レシピ

きのこ蕎麦治部煮風

2018年09月22日

<材料>二人前

 ・そば(生めん、冷凍めんでも可)  2玉         ●蕎麦だし        
 ・鶏むね肉             2分の1枚       顆粒のいりこだし        8g
 ・薄力粉              適量          みりん             大さじ4
 ・さつま芋(小)          2分の1本       醤油(淡口1:濃口1)     大さじ4
 ・しめじ              2分の1株       砂糖              小さじ1.5~2
 ・まいたけ             2分の1株       水               3カップ
 ・しいたけ             4枚
 ・長ねぎ              1本

<作り方>
①各材料を準備します。

 しめじ、まいたけは小房に分けます。

 しいたけは、石附の下側のみカットします。(少々残した方が、食感が良いです。)

 さつま芋は、厚めの輪切りにし、水にさらした後、レンジなどで蒸します。

 長ネギは、浅く斜めに切り込みを入れます。(加熱した際の中身が「とぅるん‼」と飛び出るのを防ぎます)

 鶏むね肉は、皮を剥ぎ、身は5㎜厚位の削ぎ切り。皮は、細切りにします。  
②鶏肉に、薄力粉を薄くまぶし、落ち着かせます。
 長ネギは、焼き目を付けて3~4㎝程の長さで揃えます。
 

また、まいたけのみ一度ボイルを行い、色抜きします。 

③蕎麦だしを作ります。
 鍋に蕎麦だし分量と、鶏皮を入れ、一煮立ちさせます。
 火を弱火に戻し、鶏肉を静かに入れ、色が白くなったら、一度取り出します。

④蕎麦だしに、焼いた長ネギ、しめじ、まいたけ、しいたけ、さつま芋を入れ、2~3分中火で炊きます。

⑤蕎麦をゆで、準備しておき、蕎麦だしに鶏肉を戻し、アツアツをかけて完成です。

※鶏肉に小麦粉で衣をまとわせ、肉の旨味を閉じ込め、蕎麦だしにもほんのりと、とろみが付き身体も温まります。
 また、鶏むね肉は、低い温度(65℃前後)でじんわりと熱を入れる事で、パサつく事無く柔らかく仕上がります。
 臭みの少ない、国産の鶏肉をお勧めします。
 

  蕎麦とは無関係ですが、この上の写真を眺めている最中、私が駆け出し頃、おやっさんに教えてもらった事をふと
 思い出しました。(鶏肉が5枚だった為…。)
 それは、
 「沢庵、漬物は、なぜ2切れなのか?」
 定食や、お弁当の沢庵は、大概2切れで1セットになっております。
 どうでもいい話ですが、ちゃんとした理由がある事を教えて頂きました。
 1切れ⇒人斬れ
 3切れ⇒身斬れ⇒切腹
 4切れ⇒死を連想させる
 5切れ⇒サービスし過ぎ‼(原価が…。)
 との理由で、2切れだそうです。
 と、言う事は、上の写真はある意味 サービスショット‼(苦笑)
 鶏肉とはちゃいますが、オータムな小ネタでした。

 オータムっ‼(お~寒っ‼)